Rock'n'Roll Radio

音楽について思ったことを書く。

現実に夢を見るオルタナダンスミュージック DATS

8月26日SUMMER of LOVE特集③




DATS
現実に夢を見るオルタナダンスミュージック




最初に知ったのは去年のRo69JACKかなにかのオーディションでした。
Helsinki Lambda Clubに投票しようと思ったけどやり方がよくわからなくてテンパって気付いたらDATSに投票してたっていう。
そしたらその後デビュー前にも関わらず出れんのサマソニでChristopher Allan Diadoraと一緒にクリマン賞とったんですよね。
あの時ちゃんと実力あるバンドに投票してたんだーって思いました。



結成は2013年。
出れソニのちイギリスのTom Vek来日公演のサポートアクトを務め注目を集めました。
ついに先月UKPからデビュー作『Dive』をリリース。
タワレコメンにも選出され、今年のサマーソニックには15日のオープニングアクトとして出演します。



海外のライブハウスで踊る客が好きで、イベントにも踊れる音楽がほしいと思ったんです。
そこで思いついたのがDATS。
BELONGのインタビューで「違う土俵でも俺らは大丈夫だと思う。インディーで固まらなくても大丈夫。」って言ったのがすごく好きで。
彼の言う大丈夫を信じようと思って出演を依頼しました。


【interview+Roots】DATSが語る『DIVE』に込めた意味“どんなに夢見ても現実は現実だっていうこと” | BELONG



アメリカ出身の杉本くんのネイティブ英語もあり完全に海外志向のDATS。
いつだったか忘れたけどDATSを聴いて「あ、[Champagne]だ」って思ったことがあって。
しゃんぺと間違えたんじゃなくてこのバンドしゃんぺになれるっていうか超えられるんじゃないかって。
英語でクールに決めるだけじゃなくてライブは汗だくで男臭いところとか。





DATSはイントロがいいんですよー。
インタビューで言ってるようにすごくキャッチーなんですよね。
電子音好きにはたまらない。




つい先日公開された「Some boy」のMV。
『Dive』の一曲目。
この2本のMVはどちらもパリで撮影されました。
CDともライブとも違う印象を受けます。
アンニュイ。




杉本さんにインタビューしたことが誘うきっかけなんだけど、なんていうんだろう。DATSは等身大というかすごく近い感じがするんです。
初インタビューで緊張してたとことか、飾らない言葉とか。改めて言うと恥ずかしいんだけど。
まだ同じ大学生だし。
自分とそう変わらない人がこんなにいい音楽を作ってるってことがすごく嬉しい。



今はまだ一作目で、単純に「嬉しい」って気持ちと期待でいっぱいで、だけど今後壁にたくさん当たるだろうし挫折するかもしれない。
それを乗り越えた時のDATSが私は見たい。
夢を現実にした時のDATSを私は見たい。




フジロック前に書き終わった!
Catfish and the bottlemenのキャンセルは残念だけど初フジが楽しみです。
最終日行く人、会えたら乾杯しようね。

今日の午前10時にSUMMER of LOVE最終出演者解禁するのでチェックよろしくお願いしますー。




【Live】
まりりんpresents SUMMER of LOVE
2015.08.26(Wed)下北沢DaisyBar
時間:OPEN 18:30 START 19:00
料金:ADV. ¥2300(D別) DOOR. ¥2800(D別)
LIVE:DATS/BOYS AGE/Orca Shore/…and more!!
問い合わせ:DaisyBar 03-3421-0847
■プレイガイド
発売日7/11(土)
ローソンチケット http://l-tike.com Lコード:78060
イープラス http://eee.eplus.co.jp
DaisyBar店頭



DATS official web site